TOPページ 幼稚園概要 教育目標 幼稚園の1日 入園あんない
年間行事 ひさみの仲間たち 子育て支援 お問合わせ ひさみっこくらぶ


特色1 動物たちは子育ての達人
 当園では、ポニーやヤギ、犬、ウサギ、チャボなどたくさんの動物を飼育しています。子どもたちは、飼育活動やふれあいを通して、愛情や思いやり、命を大切にする心を育み、さらには学習意欲や責任感などを養っています。
  
ウサギを散歩させているウサギ当番の子ども達      ポニーのうんち掃除も仲間と協力し合って

特色2 野菜作りで好き嫌いさようなら

 当園の畑で、栽培活動を行っています。子どもたちがナスやトマト、キュウリ、ピーマンなど愛情込めて育てています。収穫時には、保育者と子どもたちでメニューを考え、一緒に料理をしています。自分の手で育てた野菜は、苦手なものでも自然と食べられる姿が見られています。

                                               ピーマンこんなに大きくなったよ!        

特色3 自然は生きた教材
 園内には、クヌギ、イチョウなどの木々や雑草園、ビオトープ(虫が集まる池)などの豊かな自然があります。そこでダンゴムシ、バッタ、クワガタ、トンボなどの虫を捕ったり、木の実拾いをしたりしています。その中で、子どもたちは、生態を学習したり、好奇心や探究心、科学性の芽生えを養っています。また、落ち葉や木の実で製作活動をしながら、想像力や表現力を培っています。

    

 園庭のビオトープでザリガニ釣りを楽しむ男児たち     園庭で採れたドングリや枝などを組み合わせた制作活動

特色4 思いやりや
       人とかかわる力を育む

 異年齢のかかわりを大切にしており、その中で、年下の子にやさしくする姿が見られます。また同年齢の仲間との集団遊びの充実を図っており、そこで、社会性や道徳性、さらに今の時代に不可欠な『人とかかわる力』を身につけていきます。



                       →「いらっしゃいませ!」
                    お店屋さんごっこで異年齢交流

特色5 楽しみながら体力づくり
 恵まれた広い園庭で走り回ったり、木登りをしたりして、楽しみながら全身を使って遊ぶことで運動機能(バランス感覚、注意力、敏しょう性)を高めていきます。また、外部の専門講師によるスポーツ教室を週一回実施しています。

  

 マテバシイの木に仲良く登って・・・「お〜い ここだよ!」        園内常設のプールにて、アヒルに変身!

特色6 絵本専門の部屋の設置
 絵本専門の部屋を設けています。そこでは、子どもたちが友達や保育者とゆったりと絵本の世界に親しむことができる空間になっています。また、カルタ遊びなどの教材があり、文字やかずへの興味・関心につながります。

  

絵本の部屋「パステルハウス」にて、絵本の読み聞かせ   

特色7 園独自の
        木製手作り遊具で

 園庭には、子どもたちの遊びの世界を広げてくれる園独自の木製手作り遊具があります。トムソーヤの冒険をイメージした冒険小屋や見晴台があり、それらは安全で手触りもよく、暖かみがあり、子どもたちのごっこ遊びの拠点となったり、用途の広い遊具になっています。

特色8 男性保育者がいることで
 当園では、男性保育者が数名います。女性保育者と男性保育者の良い面とが調和して生かされることで、子どもたちにとってふさわしい人的環境が築かれていきます。男性保育者の良い面として、ダイナミックな遊びができたり、瞬時の判断力や決断力が身につけられたり、体でぶつかっていける存在として喜ばれています。



  →トンカチで釘をトントン!ウサギのお家を製作中です

特色9 保育者間のチームワーク
 園の一人ひとりの子どもの育ちを大切にするために、保育者同士が常に連携を図って保育しています。保育者は担任するクラス以外の子どもにも目を向け、保育者同士で子どものその日、その場の心や体の状態などを伝えあって保育に臨む「チーム保育」をいう体制をとっています。
特色10 子育て支援活動(預かり保育、未就園児保育)
 通常の保育が終了した後、夕刻(6:00)までの時間まで保育するシステムがあります(預かり保育・キッズパーティー)。
幼稚園に入園する前の子ども同士や親子で遊ぶ機会を設けています(未就園児保育・ウキウキワイワイキッズ)。
さらに、クラスごとの懇談会や個人面談の他、専門講師による子育て講座を開催したり、保育者による子育て支援ライブを行ったり、保護者の方々との育ちあいの場を積極的に設けています。


(C)Hisami Kindergarten 2001