TOPページ 幼稚園概要 教育目標 幼稚園の1日 入園あんない
年間行事 ひさみの仲間たち 子育て支援 お問合わせ ひさみっこくらぶ

●保育のねらい
CHILD CARE POLICY

 ひさみ幼稚園は、ゆたかな自然環境を生かした中で、子ども達自身が自らの課題を持ち、自主的に意欲的に主体性を持って、あそびや仕事(これを生活という)に取り組む姿を大切にしながら、次のような子どもを育てることを目標に保育を展開していきます。
Hisami Kindergarten believes that it is important for children to play and work voluntarily and independently in a natural context in such circumstances we take care of them, hoping they will become as follows:
ばんざーい●保育目標
EDUCATIONALAIMS

1.自然や生命を大切にして、全てに愛情のもてる子ども
1.美しいものに感動できる子ども
1.自主的に活動し、個性ゆたかで創造的な子ども
1.仲間と協力し合って、意欲的に行動できる子ども
1.身近なことに深い関心を寄せ、自分の発見や考えを表現できる子ども
・Children who love nature and living things.
・Children who can be impressed by beauty.
・Children who are creative and work independently.
・Children who are willing to work with others and who are enthusiastic.
・Children who have a wide range of interests and who are able to express their own ideas.

●教育方針  
EDUCATIONAL PRINCIPLES

ひさみ幼稚園では、子ども達と共に学び、育ちながら教育を進めています。その教育の一場面をお知らせします。
This kindergarten’s policy is based on the principle that we learn together with children. We will present some examples of educational vignettes.

アリ見つけた!自然と共存しあってこそ 
 「自然は最大の教師なり」と偉大な教育家ルソーは教えています。子どもの遊びを観察していると、まさしく自然物と溶けあって、成長している姿をよく見受けます。自動車に乗りながら、あたりを見まわしていたH君は、アリの巣を見つけ、自転車を降り、しばらくの間アリの観察をしています。穴に指を差し込んだり、手についたアリの感触を楽しんだり、つぶしたりしています。興味、関心はつきないようです。しばらくして、「先生アリって血があるの?」と質問してきたりします。小さな虫達から大きな動物、さらには植物に至るまで、子ども達にとっては、成長に欠くことのできない生きた教材になっていることがわかります。その生きた教材を媒介にして、次の学習へと発展していけるように努力しています。
  Coexistence with nature
“Nature is the best teacher”, the great educator Rousseau wrote. When we watch children playing, we find they coexist with nature. A boy was riding on a bicycle, looking around him. He found an ants’ nest, and dismounted his bicycle to observe the ants for a while. He put his finger into the hole, enjoyed the feel of the ants, and crushing some of them. He seemed to be filled with interest. Later he asked the teacher,“ Do ants shed blood?” Nature, small insects, big animals, and plants, etc, are essential for children to grow. Through nature progress to the next stages of learning.
イチョウの葉で自然の中に学習場面が
 秋には園内にある、イチョウの木から、黄色く色づいた葉っぱを集めてビニール袋に貼り、それを着て忍者になりきっている子。順序よく葉っぱを並べ、数をかぞえあって貼っている姿からは、数量を意識している場面を見ます。
 Many opportunities for learning the kindergarten
There are some ginkgo trees in the garden. In autumn, children collect yellow leaves. Some children make ninja mantles to wear from plastic bags and put those leaves on their mantles. Others line up leaves and count them. Thus, children learn how to count from the natural environment.


科学性の芽生えや創造の場面を
 種をまいてから数日後、小さな芽が出たことを発見し、仲間や教師にその感動を伝え、期待をふくらませている子ども達。渡り石をめくっては、幼虫探しをしたり、野草を摘んでは「これ何の草かな?図鑑で調べてみよう」「カマキリ、カタツムリは何を食べるの?」「カニはミミズを食べるんだよ」「じゃあミミズは、どこにいるの?」と言ってミミズ探しがはじまります。その間の子ども達のやり取りや、教師とのやり取りの中に科学性の芽生えを見ます。また、水・砂・土・廃物を使ったダンゴ作り、ダム作り、ソフトクリーム作りからは想像力や創造力、工夫する力が培われていることがわかります。
 Learning science and fostering creativity in children
Children grow plants in the garden. They watch how those plants are growing. They like telling their friends and teachers about what is going on the garden. In addition, the garden provides many other chances to learn things scientifically.
“What are those grasses? Let's check a picture book.”
“What do mantises and snails eat?”
“Crabs eat earthworms. ” “Then, where are earthworms?”
Moreover, children are very imaginative and creative;they make dumplings, dams, and even ice cream water, sand, mud and other materials.
動物の飼育活動飼育活動を通じて愛を命の大切さを
 ポニー、ウサギ、チャボの世話も順番にしています。これらの世話は、教師からの押しつけでやるのではなく、どうしたら世話がよくできるか、まず子ども達で考えさせ、自発的に行えるように教師は援助しています。エサを持ち寄ったり、エサを作って与えたり、小屋の掃除をしたりして、動物との心のふれあいを通じて、愛情を確かめ合ったり、命の尊さを感じとったり、新しい発見もあったりします。
 Lessons of love and the preciousness of life through   keeping animals
The children take turns at keeping animals such as ponies, rabbits and chickens. Teachers don’t force the task on the children but assist them to think of good ways to take care animals and voluntarily attempt them themselves. For example, they make and bring feed and keep the pens clean and neat.
They always make new discoveries, find love and feel the preciousness of life through coming in contact with animals.

社会性は遊びの中で
 すべり台には、列ができています。ズルする子には「いけないんだ、ズルするなよ。後ろに並べよ」と非難が集中します。遊んでいる中でルールを知らない子には注意をしたりして、互いに教えあったり、指摘しあったりしています。教え合う、指摘し合う気持ちを身につけています。
 Lessons of sociability through playing together
Imagine children standing in a line in front of the slide. If one boy breaks into the line, he may become the focus of criticism. They naturally teach each other about basic social rules in daily life. They learn the way of teaching and pointing out things to each other every day.

(C)Hisami Kindergarten 2001