2017年
5月

子ども達が捕まえたキリギリスやナメクジなどの特徴や他の虫との見分け方など、ひとつひとつ丁寧に説明してくださいました!「ミミズの大人と子どもの違いは?」の質問に、見事正解する子も!子ども達の動植物に対する好奇心は、さらに広がったようです!

自然あそびの会
(年長)

雑草園で虫探しを開始!「雨が降ると、いつもは見つからない生き物がいるかも!」の言葉に、子ども達の期待が高まります!間もなく、「トカゲつかまえた〜」との声が上がり、子ども達は大騒ぎに!「最初のシッポにしかないものなんだ?」「ほね〜!」と、大正解もとび出しました!

ビオトープ近くに咲くドクダミ。「ドクダミの花は何色だと思う?」の質問に、「しろ〜!」との返事。「正解は、黄色です。花は黄色のところなんです」との答えに、目を丸くする子ども達です!

 5月26日(金)プロ・ナチュラリストの佐々木洋先生をお迎えして『自然遊びの会』を行いました!小雨が降る中、雨具を着用して、園周辺を散策!普段、何気なく見ている身近な動植物のビックリするようなお話に、子ども達は目をキラキラさせながら聞き入っていました!


水族館のまわりの池には、大きなコイがいっぱい!近づいてくるコイの迫力に、驚いて後ずさりする姿も。

いろいろな金魚を見て「かわいい〜」「みて!ほっぺが ふくらんでる〜」

サンショウウオの大きさにビックリ!「うわぁ〜石かとおもった〜!」

 5月24日(水)年長児は、羽生市にある『さいたま水族館』に出かけました!日頃、アクアリウム係として、川魚や熱帯魚のお世話をしている子ども達は、水族館の魚にも興味津々!さまざまな発見をしたようです。

ミニ遠足
(年長)

カボチャ
種の形を見て、「見たことある〜!」の声も。種を蒔きながら、「カボチャ好き〜」「はやく食べた〜い」と、早くも収穫を楽しみにする姿も。(年長児)

カイザイク 
小さな種をこぼさないよう慎重に土の上にパラパラパラ!年少児が取り組む姿は真剣そのものです!芽が大きくなったら、畑で育てる予定です。

朝がお 前もって水につけておいた種を、牛乳パックに土を入れた手作り鉢や、プランターに植えました。毎朝水やりをして、芽を発見したときは大喜びしていました!(年長児)

毎朝、登園して身支度を済ませると、ミニトマトの水やりに出かけます。「今日の天気は・・・?」と、空模様を見ながら、水の量を変え、ミニトマトの様子を観察する子ども達です。

種まき・苗植え

 野菜(ミニトマト・カボチャ)や、花(朝がお・カイザイク)の種や苗を植えました!毎朝水やりをして大切に育てていきたいです!

ミニトマト 年長児は、個人の鉢にミニトマトの苗を植えました!鉢に土と肥料を入れ、苗をやさしく植えたら、苗が倒れないように支柱を組み立てて、鉢に立てました!